マシュマロウ

更新日:9月29日

学名:Althaea officinalis アオイ科


英名:Marshmallow


別名:ウスベニタチアオイ


原産地:ヨーロッパ、西アジア、北アフリカ


利用部分:根、葉


主要成分:粘質多糖、フラボノイド配糖体、フェノール酸、タンニン、デンプン、シュウ酸カルシウム、クマリン、ステロール


主な作用:粘膜鎮痛、皮膚軟化、外傷治療


注意・禁忌:

  • 妊娠・授乳中の使用には注意が必要である。

  • 医薬品やサプリメント等との併用は数時間あけて服用することが望ましい。



マシュマロウの詳細・関連記事は こちら をご覧ください。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゴツコラ

学名:Centella asiatica セリ科 英名:Gotu kola 別名:ツボクサ、センテラ 原産地:日本、中国、東南アジア 利用部分:地上部 主要成分:トリテルペン(アシアチン酸、マデカシン酸)、トリテルペノイドサポニン(アシアチコシド、マデカソサイド、ブラフミノシド)、精油 主な作用:外傷治療、抗炎症、アダプトゲン、神経鎮静、抗線維化 注意・禁忌: アレルギーがある場合は使用しない。