ギムネマ

学名:Gymnema sylvestre キョウチクトウ科


英名:Gymnema


別名:ホウライアオカズラ


原産地:インド、スリランカ


利用部分:葉


主要成分:グルマリン(ポリペプチド)、サポニン(ギムネマ酸、ギムネマサポニン)


主な作用:抗糖尿病、血糖低下、コレステロール低下、脂質低下、抗肥満、食欲調整、膵滋養


注意・禁忌:

  • 胃食道逆流性疾患には注意が必要である。



ギムネマの詳細・関連記事は こちら をご覧ください。


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ゴツコラ

学名:Centella asiatica セリ科 英名:Gotu kola 別名:ツボクサ、センテラ 原産地:日本、中国、東南アジア 利用部分:地上部 主要成分:トリテルペン(アシアチン酸、マデカシン酸)、トリテルペノイドサポニン(アシアチコシド、マデカソサイド、ブラフミノシド)、精油 主な作用:外傷治療、抗炎症、アダプトゲン、神経鎮静、抗線維化 注意・禁忌: アレルギーがある場合は使用しない。

バコパ

学名:Bacopa monnieri オオバコ科 英名:Bacopa、Brahmi 別名:オトメアゼナ、ブラフミー 原産地:南北アメリカ、アジア、ヨーロッパ、北アフリカ 利用部分:全草 主要成分:ダンマランサポニン(バコサイド)、アルカロイド(ブラフミン、ヘルペスチン)、フラボノイド 主な作用:抗酸化、アダプトゲン、認知機能活性、神経鎮静、神経強壮、抗不安、甲状腺機能活性、抗痙攣 注意・禁忌: セ

シャタバリ

学名:Asparagus racemosus アスパラバス科 英名:Shatavari 原産地:インド、ヒマラヤ、スリランカ 利用部分:根 主要成分:ステロイドサポニン(シャタバリンI)、無毒性ピロリジジンアルカロイド(アスパラガミンA)、粘質物、イソフラボン(8-methoxy-5,6,4'-trihydroxyisoflavone 7-O-beta-D-glucopyranoside) 主な作