ピオニー

更新日:9月29日



学名:Paeonia lactiflora ボタン科


英名:Peony、White peony


別名:シャクヤク


原産地:アジア大陸北東部


利用部分:根


主要成分:パエオニラクトン、安息香酸、モノテルペン配糖体ペオニフロリン、アルビフロリン、パエオニラクトン)、トリテルペン(パルビノン)、ペンタガロイルグルコース、多糖類(ピオナンSA、SB)、フェノール類、フィトステロール(β-シトステロール)


主な作用:鎮痙、筋弛緩、抗痙攣、抗炎症、認知機能活性、抗アレルギー、免疫活性、抗アンドロゲン、エストロゲン調整、ホルモン調節、鎮痛、鎮静


注意・禁忌:

  • 特になし



ピオニーの詳細・関連記事は こちら をご覧ください。



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ブラックコホシュ

学名:Cimicifuga racemosa、Actea racemosa キンポウゲ科 英名:Black cohosh 別名:アメリカショウマ 原産地:北アメリカ 利用部分:根、地下茎 主要成分:トリテルペノイドサポニン(アクテイン、シミシフゴシド、ラセモシド)、イソフラボン、芳香族酸(イソフェルラ酸、サリチル酸)、タンニン、レジン(シミシフジン)、ラヌンキュリン、デンプン、カフェ酸 主な作用:

ゴツコラ

学名:Centella asiatica セリ科 英名:Gotu kola 別名:ツボクサ、センテラ 原産地:日本、中国、東南アジア 利用部分:地上部 主要成分:トリテルペン(アシアチン酸、マデカシン酸)、トリテルペノイドサポニン(アシアチコシド、マデカソサイド、ブラフミノシド)、精油 主な作用:外傷治療、抗炎症、アダプトゲン、神経鎮静、抗線維化 注意・禁忌: アレルギーがある場合は使用しない。

ブルーコホシュ

学名:Caulophyllum thalictroides メギ科 英名:Blue cohosh 別名:ルイヨウボタン 原産地:アメリカ 利用部分:根 主要成分:アルカロイド(マグノフロリン、カウロフィリン)、毒性アルカロイド(シチシン、ラブルニン)、サポニン(Caulosapogenin) 主な作用:鎮痙、子宮強壮、卵巣強壮、月経促進、子宮収縮、分娩促進、抗リウマチ 注意・禁忌: 妊娠、授乳中、